2017年4月28日

CMSを使って、楽に管理しましょう。

You are here:  / 自社にふさわしいシステムの選び方

自社にふさわしいシステムの選び方

自社にふさわしい勤怠管理システムを導入することで、労働基準法をきちんと守っているかどうか簡単にわかり、給料面でのトラブルもなくなるでしょう。
まずは自社の就業規則を理解し、どのような勤務体系なのか明確にし、その勤怠管理システムの方でそれに対応できるのかどうか、きちんと確認しましょう。
いくら高性能でも、自社の勤務体系に対応できなければ、何の役にも立ちません。
製造業などは3交代制や2交代制を採用しているところが多いでしょう。
コールセンターやスーパーも同様です。
普通の会社でも、夕方から出社する人もいるでしょう。
社員だけではなく、パートやアルバイト、派遣の人も働いているところが多いです。
勤務体系に柔軟に対応出来るシステムが必要なのです。
勤怠管理システムにも色々な種類があります。
いかにそのシステムの特徴を理解し、自社の勤務体系に対応できるかどうか、慎重に考えることが自社にふさわしい勤怠管理システムを導入するポイントです。

職場における勤怠管理

個人経営医が開業する医院が職場である私ですが、スタッフが4名になった今の勤怠管理はさほど大変なことではありません。
けれど、以前は常勤スタッフ2名のみしかサポートする者がいませんでしたから、このときは勤怠管理は精神的にも肉体的にもつらいものがありました。
2名のスタッフが交代で早番、遅番を繰り返していたのですが、どちらかが有給休暇を取ると、残った片方が朝から晩まで昼休みを含めて合計10時間程度を勤務しなければならなかったからです。
けれど、私にとっては有給休暇がとりたいとか取れないとかいったことよりも、同僚がひどくいじわるで鬱の原因にもなったくらいのわがままでやりたい放題な人だったことから、この人に頭を下げてまで有給をとろうとはおもいませんでした。
そのため、歯科衛生士という国家資格保持者がしょっちゅう有給を取って休み、歯科助手である私がその分を補って働くという構図に、院長もよく苦虫をかみつぶしたような顔をしていたものです。