2017年4月28日

CMSを使って、楽に管理しましょう。

You are here:  / いまやパソコンで管理!

いまやパソコンで管理!

中間管理職になって、何が大変か、というと、仕事よりも、人の管理が込み入ってきた事です。
誰がいつ休んで、いつ早退や遅刻をする、といった管理なども、上司としてしっかり見ておく必要があるので、気を配っているつもりですが、それでも本来の業務の方に気を取られて、部下の勤怠管理などが疎かになりがちになってしまったりします。
部下の勤怠管理が行き届いていないのは、すなはち、私自身の管理能力を問われてしまいますので、これは大変です。
少しでも簡単に、そしてあとで統計や集計しやすいように、何かいい方法はないか、と休日などに色々ネットで調べたところ、パソコンで勤怠管理する、という、方法を取り入れている会社もあり、そういったシステムも割りやすで、導入できる事がわかりました。
弊社は中小企業なので、大がかりな設備は不要で、おそらく、1日もあればしっかり、システム導入と、実行が行えるようになると思うので、こういったシステムを導入して会社の近代化を図りたいなと思います。

将来の企業では勤怠管理しなくてもいいようになるかもしれません

将来の企業においては勤怠管理をするようなことがなくなっていくかもしれません。
というのは今は多くの企業が成果主義を導入していっています。
成果主義のもとでは報酬は成果によって支払われますから判断材料は成果によってのみ報酬の判断材料になるのであって勤怠の状況などは関係がないともいえます。
勤怠管理が必要になるのは成果をはっきりと判断ができないときの判断材料として使われたりするわけですから、厳格な成果主義のもとでは勤怠管理というものがなくなっていくことが予想されるわけです。
企業においては成果が判断しにくい部署は数多くありますから、そう簡単に勤怠管理の必要性がなくなったりするようなことはないでしょうが、徐々にはなくなっていく方向にすすんでいきそうです。
勤怠管理ではなく仕事の内容や成果で評価することは企業にとってはあたりまえともいえることです。
自由競争のなかにある企業にとっては成果こそが求めるものですから、将来的にはどうしてもその方向に進まざるをえないと考えます。