2017年4月28日

CMSを使って、楽に管理しましょう。

You are here:  / 新しいシステムの必要性

新しいシステムの必要性

職場で紙ベースで勤怠管理をしている会社はもうほとんどなくなってきました。
比較的小規模の会社でも勤怠管理はシステム化したほうがコスト削減につながり、社員も楽で法的基準もクリアできるということが明らかだからです。
特に、様々な就労形態を導入している職場においては特にそうです。
課長、部長といった管理職は年俸制であることが多いので、時間外労働に対する残業代の算出は不要ですが、勤怠管理の必要はあります。
他の社員については出退勤をはじめとした勤怠管理のデータに、時間外労働や土日などの休日出勤の有無、それに対する代休取得の状況に金額を加算して給与として支払う必要があります。
これらをシステムがあれば自動計算が可能です。
また、パートタイマーやアルバイトの勤怠管理もあります。
パートタイマーやアルバイトの方というのは、シフトをくんで交代で仕事をするケースも多いです。
職場としてはそのシフトを組むのも結構大変な作業なのですが、従業員の方にシフト希望を入力してもらい、そのデータをもとにシフトを組むというシステムもあり、紙ベースでの申請よりもはるかに作業が楽になります。

勤怠管理を怠っていると

勤怠管理を怠っているということは法律違反をしているということです。
日本においては労働基準法で労働者の健康と安全が保障されています。
また、働いた分の賃金を受け取る権利を国民が有し、企業としては賃金を支払うべき義務があります。
ですから、勤怠管理を怠っているということは、労働基準法違反ということで、行政処分をうける可能性もあります。
過去にずさんな勤怠管理を行っていることによる労働裁判は多数あります。
その多くは、実態と会社で管理している勤怠管理の内容の相違からくるものです。
過重労働が理由でうつ病になってしまったり、心筋梗塞をはじめとした病気で死亡に至ってしまったような場合、会社としての安全配慮義務がきちんと履行されていたかという観点で、業務上の死亡であるかどうかということが争われまれます。
この際に、ずさんな勤怠管理をしているケースというのは、実態とデータにあまりにかい離があるということで、データの信頼性を欠き、会社としての安全配慮義務を怠っていたということになり、会社経営の基本である勤怠管理から正すように指導されます。
タイムカードの集計作業って結構時間かかるんですよね…簡単にデータ化したいですよね。